北欧旅行記④ ストックホルム・名窯訪問と何より美味しかったお料理

ストックホルムから市バスに揺られて30分。

スウェーデンの名窯グスタフズベリへ。

バス停は地下鉄SLUSSEN駅の近く。

駅前で男の子が出迎えてくれました笑笑

ストックホルムはバス網が本当に充実していて乗りやすいです。

474番に乗ってFarstavikenで下車。

降りたら目の前に工場兼アウトレット倉庫が。

陶器の産地グスタフズベリ。

市場に出回っているものより格安で買えます。

↓リサ・ラーソンも割引価格♡

↓面白いアイデアだけど…これは買えない(^^;;

↓記念にEのマグを買いました。

敷地内にはイッタラのアウトレットも!

素敵な雑貨屋さんや、たわわに実る林檎の木。

↑お目当ての博物館は改装中

敷地を出れば湖畔の避暑地。

のんびり時間を満喫できました。

ストックホルムに戻ってお昼ご飯。

あまりにも美味しすぎて、滞在中2回も食べに行きました。商業施設地下にあるお魚屋さん併設のレストラン「カイサス フィスク」の魚のスープ。

お魚の出汁に馴染みある日本人にとって、長旅の中なんとも言えない幸せいっぱいの気分にさせてくれたスープ。

これを食べるためだけに、もう一回スウェーデンに行きたいくらい!!!

これを家で再現したくて、自分へのお土産↓

トマトピューレとコンソメ。

スウェーデンでは、缶ではなくてアルミのチューブ。たらこソースもマヨネーズも!

魚のコンソメで再現できるかな?次の休みに作ってみます。